2006-04-07

大震災 生き残ったら まずはコレ

大きな揺れ、家屋倒壊、火災発生!

大地震が発生したとき、まずは最初の3分間を生き残ることに全力集中です。家具や家屋の下敷きにならないようにうまく体をよじりましょう。

・・・と言われても、そんなことはムリ。普段の対策が肝心です。少なくとも家具の固定はやりましょうね。

Img_037913分間は生き残れた。
さて、何をするべきか?
貴重品・食料などを持って避難?
いや、その前にやることがありますよ。

あなたの周りに壊れかけた家屋はないですか?
あなたの家も大丈夫ですか?
余震で倒壊する可能性のある家屋がたくさんあるはず。これらの建築物への立ち入りを規制する「とらテープ」が売っています。バリケードテープと言われるものです。せっかく残った命、大切にしましょう。

安全を守るために有効なものですが、特別な使い方を考えつきました。

大災害が起きたらパニックが発生、治安も悪くなります。泥棒さんも大忙し。困りますね。そこで、とにかく自分の家の周りに、このテープを張り巡らせましょう。免震構造の建物でもなんでも、とにかく危険をアピール!

泥棒さんも命が惜しいもの。ターゲットにされなくなるはずなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-16

phishing-そのWebサイトは偽物です

hosts金融機関など正規のWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する「フィッシング-phishing」詐欺が問題となっています。

金融機関から送信されたかように偽装されたメールには、セキュリティとか更新とかの理由で、記載されているWebサイトへ誘導します。

普通はサイトにアクセスした時点で、ブラウザ上のアドレスバーを確認すればURLが違うので偽サイトが判別できます。ところが、正しいアドレスを表示しているにもかかわらず偽サイトにつながってしまう事例が発生しているようです。

仕組みはこうです。

  1. PCが「リダイレクタ」と呼ばれるトロイの木馬に感染する
  2. PC上のhostsファイルを改変されてしまう
  3. 金融機関など特定のURLにアクセスするとphishingサイトを表示してしまう

このhostsファイルというのはWindowsXPの場合、"C:\WINDOWS\system32\drivers\etc"に保存されています。これを開いてみて、よけいな記述があったら即消しましょう。デフォルトの状態は、上記の画像の通りlocalhostの定義のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005-12-30

初詣-あなたの財布が狙われています

shrine新年も間近に控え、カウントダウンは何処で過ごすか考える頃です。大晦日から初詣の神社に出かける人も多いですね。

毎年8000万人以上もの人が神社などの参拝施設に出かけます。東京の明治神宮だけでも300万人も参拝するそうです。そして、あなたの財布を狙うスリも仕事をするために出かけます。

注意点を押さえておきましょう。

  • ズボンのお尻ポケット。ここに財布を入れたら、どうぞご自由に状態ですよ。
  • 上着の内ポケットでも要注意。コートなどのチャックを閉めましょう。
  • バッグに財布を入れる場合は底の方へ。チャックなどの金具に手を添えましょう。

スリの手口は巧妙で、その手先は非常に器用です。背広の内ポケットにあるボタンをはずして財布を抜き取ってから、丁寧にまた閉めておく。ということを気づかれずにやるわけです。ボタンが閉まっているので、自分がどこかで置き忘れた気になります。

満員電車並みの人混みにはくれぐれもご注意くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-12-17

子供を守る:まもるっち

IMG_0136e_1小さな子供が犠牲になる事件がたびたび報道されていますね。なんか昔と比べて凶悪犯罪が倍増しているような気になりますが、下記のようにさほど増えていません。いや減っているかも。マスコミによる報道のされ方が違うのでしょうか。

警察庁発表 殺人事件発生件数(平成元年~)
1年1,308、2年1,238、3年1,215、4年1,227
5年1,233、6年1,279、7年1,281、8年1,218
9年1,282、10年1,388、11年1,265、12年1,391
13年1,340、14年1,396、15年1,452、16年1,419
17年1,189(1月~10月)

まぁ、数字がどうであろうと自分の子供のことになると心配になりますよね。

品川区では今年から、「NPO法人ものづくり品川宿」の提案により開発したPHSセキュリティシステム「まもるっち」を区内の全焼学校に無料で配布しています。今週子供がもらってきましたので見てみました。

「充電するのがめんどくさ~い」とか言っている子もいるらしいですが、そりゃPHSの通信部があるからしょうがないですね。見た目はきちんとした携帯端末機の形をしています。しっかり作ってありますよ。機能的には普通の防犯ベル+GPS機能+PHS機能です。ただし、PHS発信機能はオプションで別料金。

イザの時は、ひもを引くと2秒後に警報が鳴り、現在位置をセンターに知らせます。すぐさまセンターから確認の電話が端末にはいるそうです。と同時にGPSの位置情報で割り出した近隣の協力者・警察・小学校そして保護者の携帯にもメールや電話がピピッと。

今までの防犯ブザーだと、室内で押さえつければ短時間の動作テストは出来ますが、まもるっちの場合は、すぐに通報ですので困りますね~。

引いちゃダメって言われると引いてみたくなるのよね~。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

PC-Tips | 交通 | 健康 | 地震 | 救急 | 旅行 | 火災 | 福祉 | 自然災害 | 通信 | 防災 | 防犯 | 食品