« 2007年11月 | トップページ

2011-02-09

イギリスの救急車が重装備

そんなに100kgオーバーのひとが多いのか。

リンク: 英救急医療、救急車の改造費用かさむ 肥満増で 国際ニュース : AFPBB News.

英国の救急医療サービスの1つ、サウスセントラル救急サービス(South Central Ambulance Service)では、過去3年間で100万ポンド(約1億3000万円)以上をかけて、保有する約180台の救急車のおよそ3分の2を体重144キロまでの患者に対応できるよう改造した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-02-08

山で遭難したときに見つけてもらう方法

なぜか登山ブーム。高齢者や若い女性が増えているらしい。
が、自然の中では人間は小さい存在。思うようにならないことも。
いざ遭難したら?救助隊に見つけてもらわなければいけないが、そんな時に役立つ情報があった。

http://twinleaves.tumblr.com/post/3180503617

自衛隊の特別救難隊や、警察ヘリ・消防ヘリにとって、山中で遭難した人たちにはどうしてほしいのでしょう。

警察ヘリのパイロットによると「捜索する側は、動く物体に乗っていることを、まず理解してほしい。そのためには、遭難者が10m間隔で二人、発火信号筒を左右に振ってくれると、発見しやすいだけでなく、位置や状況、遭難者までのおおまかな距離までもわかる」とのことでした。

パイロットは日常の飛行で、2個以上の燈火に馴れているからなのだそうです。

空港の標識灯を見れば、その声もなんとなく うなずけますね。

また、コミュータ機のパイロットは「夜間飛行中、いつもはない場所に 動く明かりがあれば、5マイル(約9Km)離れていても、視野に入れば 変だぞ! と気が付く」そうです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ