« ホテルの中心で「KAJIDA」を叫ぶ | トップページ | 包丁が滑ったー Post-itでも貼っとけ! »

2006-04-07

大震災 生き残ったら まずはコレ

大きな揺れ、家屋倒壊、火災発生!

大地震が発生したとき、まずは最初の3分間を生き残ることに全力集中です。家具や家屋の下敷きにならないようにうまく体をよじりましょう。

・・・と言われても、そんなことはムリ。普段の対策が肝心です。少なくとも家具の固定はやりましょうね。

Img_037913分間は生き残れた。
さて、何をするべきか?
貴重品・食料などを持って避難?
いや、その前にやることがありますよ。

あなたの周りに壊れかけた家屋はないですか?
あなたの家も大丈夫ですか?
余震で倒壊する可能性のある家屋がたくさんあるはず。これらの建築物への立ち入りを規制する「とらテープ」が売っています。バリケードテープと言われるものです。せっかく残った命、大切にしましょう。

安全を守るために有効なものですが、特別な使い方を考えつきました。

大災害が起きたらパニックが発生、治安も悪くなります。泥棒さんも大忙し。困りますね。そこで、とにかく自分の家の周りに、このテープを張り巡らせましょう。免震構造の建物でもなんでも、とにかく危険をアピール!

泥棒さんも命が惜しいもの。ターゲットにされなくなるはずなんですが。

|

« ホテルの中心で「KAJIDA」を叫ぶ | トップページ | 包丁が滑ったー Post-itでも貼っとけ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157487/9474415

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災 生き残ったら まずはコレ:

« ホテルの中心で「KAJIDA」を叫ぶ | トップページ | 包丁が滑ったー Post-itでも貼っとけ! »