« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006-03-16

phishing-そのWebサイトは偽物です

hosts金融機関など正規のWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを搾取する「フィッシング-phishing」詐欺が問題となっています。

金融機関から送信されたかように偽装されたメールには、セキュリティとか更新とかの理由で、記載されているWebサイトへ誘導します。

普通はサイトにアクセスした時点で、ブラウザ上のアドレスバーを確認すればURLが違うので偽サイトが判別できます。ところが、正しいアドレスを表示しているにもかかわらず偽サイトにつながってしまう事例が発生しているようです。

仕組みはこうです。

  1. PCが「リダイレクタ」と呼ばれるトロイの木馬に感染する
  2. PC上のhostsファイルを改変されてしまう
  3. 金融機関など特定のURLにアクセスするとphishingサイトを表示してしまう

このhostsファイルというのはWindowsXPの場合、"C:\WINDOWS\system32\drivers\etc"に保存されています。これを開いてみて、よけいな記述があったら即消しましょう。デフォルトの状態は、上記の画像の通りlocalhostの定義のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-03-15

雪下ろしにはAEDが必須?

HeartAttackAtSnowFall本日、消防庁から「今冬(平成17年12月以降)の雪による被害状況等(第50報)」という情報が発表されました。今シーズンは例年にない大雪で、全国で145人の死者を出す大きな災害となっています。

この中で、死者の概要を見ると「屋根の雪下ろし等、除雪作業中の死者」が最も多く約74%、この中の年齢では65才以上が約68%も占めています。過疎地のお年寄りが屋根から転落するケースが続出しています。

一方、雪下ろし中に亡くなった方の中に転落などの外的要因でない方もいることが読み取れます。下記は、死亡例から死因が心疾患のケースを抜粋したものです。

発生日 死亡原因
12月28日 74 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
12月14日 66 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
12月16日 76 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
12月23日 61 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
1月8日 70 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
1月16日 94 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
1月21日 57 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
2月11日 62 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡
3月8日ごろ 82 除雪作業中に発症(心疾患)し死亡

.
寒いところで重労働となるとお年寄りには命に関わります。この他にも、死因が判らない疾病もありますので、合計すると二桁にいきそうです。

10人以上/145人。決して少なくない数字です。防ぎ得た死が含まれていると思います。町会単位とかで、止まりそうな心臓を救う唯一の機器:AEDを設置することは出来ないことでしょうか?行政が大部分を補助すれば出来ると思うのですが。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006-03-12

電車に乗るときの心得

Tokyu8090_80011日午前10時50分ごろ、東急大井町線の大井町駅(東京都品川区)を二子玉川駅に向けて出発した直後の電車(5両編成)で、ドアが開いていることを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。東急電鉄によると、車掌が右側のドアが約60センチ開いているのを目撃。右側のドアがすべて開いていた可能性もあるという。

昔は通勤にも使っていた身近な大井町線で、このような事故が起こってしまいました。幸い、乗客が少なくドアに寄りかかっていたような人がいなくてけが人は出なかったそうです。

ちょっと調べてみると、

  • 2006年2月
    青森市のJR東北線で4日、青森発八戸行き特急電車「つがる24号」(6両編成)が走行中、4両目のドアが開いた。
  • 2005年8月
    16日午前8時過ぎの東京メトロ有楽町線で、時速約50kmで走行中だった新木場発清瀬行き普通電車の進行方向右側のドアが突然、一斉に開いた。
  • 2004年4月
    京浜東北線で走行中の電車のドアが開くトラブルが起こる。

と言う風に、時々あるようです。

通勤通学時などのラッシュアワーでは「ドアに寄りかからない方が・・・」なんて言ってられませんが、心のどこかに「もしかしたら開いてしまうかも」と緊張感を持っていた方が良いかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006-03-11

電気用品安全法(PSEマーク)で中古パソコンが買えない?

maru_PSE_small報道で騒がれたので知った方が多い「電気用品安全法」。私も、つい最近知りました。

リサイクルショップが悲鳴を上げているそうです。この4月からは、新品だろうが中古品だろうがPSEマークが付いていない物を販売することが出来なくなります。もちろん現在メーカーが作っている家電製品にはPSEマークが付いていますが、古い家電製品にはPSEマークが付いていません。

古物商を管轄する警察を通してリサイクルショップなどに告知したのが今年の2月とのこと。これじゃ、なんの準備も抗議も出来ないですね。今年に入ってからは、在庫処分をやったり、買い取りを中止したり、はたまたレンタル方式で商売を考えたりと大変です。

ところで、リサイクルと言えばパソコンも中古市場が形成されていて中古ショップの流通も伸びているようですが、これらのショップの販売も無くなってしまうのでしょうか?

いいえ、
パソコンおよび周辺機器などの情報通信機器は対象外です。

つまり、4月以降もPSEマークのないパソコンなどは自由に販売して構わないのです。また、パソコン以外の法律の対象になる家電製品でも、オークションやフリーマーケットなどの個人間取引に関しては規制の対象外になります。

でも、この法律どうでしょう。粗悪な製品で事故が起こらないためというのはわかりますが、古いものを大切に使うという方向に逆行している気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-08

高速道路の非常電話を使うとき

EmergencyTelephoneWithButton今日は仕事で愛知県まで車で日帰り。往復12時間の内、作業時間は30分だけでした。疲れました。トホホ。

休憩で入ったサービスエリアには非常電話のサンプルが置いてありました。イザという時は、こう使ってください。みたいな感じです。

携帯電話が普及して使われる頻度が少なくなったかもしれませんが、発信場所が特定しやすいので対応が素早くできます。

設置されている非常電話には種類があるようです。受話器を取ればすぐセンターにつながるのは同じですが、受話器の他に4つのボタンが付いているタイプがあるとのこと。

この4つには下記の名称が付いています。

  • 故障
  • 事故
  • 救急
  • 火災

そうなんです。
会話が不自由なドライバーが非常電話を使うときに押すボタンなのです。

イラストを伴った文字が表記されているので分かり易いと思います。ただし、事前に知っておくと安心ですね。下記に説明がありますので、発声または聞き取りが不自由な方がお近くにいたら知らせておいてください。

会話が不自由なお客様が非常電話をお使いになるには(pdf)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006-03-07

けっこう揺れたけど大丈夫。さて、飯でも・・・

GasMeter2ということで、お湯でも沸かしましょうか。。。

アレッ?ガスが出ないよ。
そうです、地震の揺れを感知しガスメーターが自動的に元栓を遮断したのです。

東京ガスの「マイコンメーター」では、震度5以上の地震や一時的に多量のガスが流れたとき、ガスの元から自動的に遮断します。メーター以降のガスラインが損傷を受けたときには心強い機能です。

このメーター、ガス漏れがなければ自分で遮断を復帰することが出来ます。下記の手順に従って行います。
一般型マイコンメーターの復帰方法

もちろん上記に書かれているとおりに作業をすればいいのですが、地震で通信回線が混乱しているときに東京ガスのWebが開けるでしょうか。数時間は重くなって見ることが出来ないでしょう。

そんな時のために携帯電話向けのサイトが用意されています。ただし、地震の時は携帯サイトも混雑しますので、このWeb画面を
「画面メモ」として携帯電話の中に保存しましょう。
そうすれば、イザというときに通信をしなくても参照できます。

mobile_barcode_mata

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-03-06

Windows LiveでサクッとRSSブラウズ

WindowsLiveこのあいだ、gooRSSリーダーのNEWバージョンがバグってしまったので、オンラインでのRSSリーダーを捜していました。

そこで、週刊アスキーで紹介されていた「Windows Live」を使ってみました。

画面と機能はgoogleのパーソナライズド ホーム同様、白紙のWebページにお好みのコンテンツを置いていく形。リンク・ニュース・RSSが貼り付けられます。

このページ、ソースを見ても100行程度の単純な物で自分が置いたコンテンツは何処にも見あたりません。

よく考えたらこれは当たり前。配置されたコンテンツをサーバーで記録してるので、ローカルのHTMLには無いってこと。

まだベータ版なので、配置が勝手に変わってしまったり、痒いところに手が届かなかったりと、未熟な部分があります。でも開発担当者のブログを見ると、まだまだ進化しそうです。

ソースにRefreshタグはありませんが、10分程度で画面更新されるようです。これで、あなたのブログで書かれた新着も見逃しませんよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-03-05

メドトロニック社製AEDがリコール

aedRecallメドトロニック社が販売しているAED「ライフパック500バイフェージック」(以下LP500)で不具合が見つかり自主回収を行っています。

【 事象及びその原因 】
内部部品の接合不良により、保守点検が必要であることを示す“レンチマーク”が表示され、使用可能状態に復帰できないことがあります。当該事象は、平成17年2月から同年8月に製造されたうちの一部に限られ、全世界で約4,100台が該当します。日本国内では1204台が弊社より出荷されております。国内における出荷時期は平成17年2月~平成18年1月です。

とのこと。
お手持ちのLP500に表記されているシリアルナンバーが下記であったら販売店にご確認ください。
うちのも確認しておこうっと。

32948800 ~ 32948832
32948844 ~ 32948848
33480728, 33480732
33480737 ~ 33480742
33537429 ~ 33537470
33537472 ~ 33537478
32948850 ~ 32948873 33480754 ~ 33480803 33538611 ~ 33538621
32948895 ~ 32948896 33480858 ~ 33480862 33538623
32948898 ~ 32948907 33480864 ~ 33480884 33538625 ~ 33538631
32948925, 32948927, 32948942 32948953, 32948960, 32948962 32948994, 32949011, 32949014 32949017, 32949027, 32949029 32949612, 32949621, 32950236 32985056 33480886 ~ 33480894 33480896 ~ 33480907 33490699 ~ 33490700 33491989 ~ 33492038 33492044 ~ 33492050 33492052 33538633 ~ 33538634 33538636 ~ 33538640 33538644 ~ 33538688 33538690 ~ 33538691 33538694 ~ 33538696 33538698 ~ 33538710
33473224 ~ 33473273 33492054 ~ 33492080 33540890 ~ 33540939
33473286 ~ 33473335 33492082 ~ 33492093 33540946 ~ 33540970
33476299 ~ 33476321 33492096 ~ 33492145 33540972 ~ 33540995
33476323 ~ 33476333 33492249 ~ 33492252 33542770 ~ 33542811
33476335 ~ 33476348 33492263 33542813 ~ 33542819
33476353 ~ 33476356 33495039~ 33495050 33542838 ~ 33542862
33476358 ~ 33476362 33495052 33542864 ~ 33542886
33476364 ~ 33476383 33495054~ 33495056 33545428 ~ 33545444
33476385 ~ 33476402 33495058 ~ 33495065 33545446 ~ 33545476
33477619 ~ 33477647 33477649 ~ 33477668 33495067 ~ 33495073 33495075 33545479, 33545481, 3545922 33546134
33477671 ~ 33477679 33495077~ 33495088 33560580 ~ 33560581
33477681 ~ 33477683 33477685 ~ 33477720 33495104 ~ 33495105 33495107 ~ 33495118 33560583, 33565644 33574007 ~ 33574009
33480693 ~ 33480704 33495120 ~ 33495134 33574011 ~ 33574012
33480711 ~ 33480712 33495136 ~ 33495153 33577996 ~ 33578002
33480714 ~ 33480715 33495565 ~ 33495572 33578005
33480717 ~ 33480724 33495574 ~ 33495614  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-03-04

1981年以前に建築された住宅の運命

2005_1121_000001質問です

  • あなたが住んでいる家は1981年(昭和56年)以前に建てられた木造一軒家ですか?
    .
  • そうだとしたら、耐震補強工事は済んでいますか?

兵庫耐震工学研究センターでは、昨年11月に実施された「木造建物実験・実大震動実験」の映像(mpgファイル、48.1MB)を公開しています。

建築基準法が改正された1981年以前に建てられた家屋を使って、耐震補強の効果を調べる実験です。使われた振動波形は兵庫県南部地震で記録された震度7の上下左右3方向のもの。

映像を見ると、遠目で見ているせいか「震度7ってこんなもん?」と感じます。しかし、右の家屋を見ると、もうかわいそうなくらいのねじれ方。骨が折れるような感覚です。一方、耐震補強がされた建物では壁の一部がはがれたものの、倒壊には至りません。

古い住宅。何も対策をせずに震度7の地震が来れば、間違いなくこうなりますよという警告になります。家具の固定は大事だけれども、家がペシャンコになったら圧死の確率は相当高いです。

中央防災会議によると東京湾北部地震(M7.3)が冬の朝5時に発生したと想定した場合、建物の倒壊による死者が4,200人も発生するとの試算を出しています。

どうか、あなたが1of4200 にならないように。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-03-01

「Windows Defender」をインストールする

コンピュータセキュリティ上、気をつけておかなくてはいけない事のひとつにスパイウエアがあります。

PCウイルスと違って、自分のパソコンに忍び込んでも姿を現しません。知らないうちに保存されているデータや、キー入力を他人に送信されてしまう怖いソフトウエアです。特に「キーロガー」と呼ばれるものは、ご想像の通りIDやパスワードを盗みます。あなたの打ち込んだファームバンキングのパスワードが丸見えになってしまいます。

最近のウイルス対策ソフトでは、このようなソフトを検出・削除するための機能が備わっている物もあります。しかし、無料ではないので学校などの台数が多いところでは困りますね。

そこで、Microsoftが提供している無料ソフト「Windows Defender」をご紹介します。無料でありがたいのですが、英語版しかありません。それじゃインストールできないなぁ、という方も多いはず。

でも大丈夫。英語はほとんど読まなくてもOK。下記の手順で進んでくださいね。

  1. まず、Windows Defender homeを開き、「DOWNLOAD IT HERE」をクリックしてデスクトップにダウンローする
    .
  2. デスクトップ上の「WindowsDefender.msi」を実行
    .
  3. defender2開始画面で「Next」をクリック
    ※古いバージョンの「Microsoft Antispyware」は、このインストール作業中に自動的にアンインストールされます
    .
  4. ライセンス同意画面が表示されたら「I accept the terms in the license agreement」を選択して「Next」
    .
  5. defender3SpyNetへの参加方法選択画面が表示されたら「Use recommended settings」を選択し、「Next」
    ※スパイウエアの検出とユーザーが選択したアクションがMicrosoftに送信されますが、個人情報は送信されませんので大丈夫

    .
  6. defender4セットアップタイプの画面では「Complete」を選択して「Next」をクリックし、次の画面で「Install」をクリックするとインストール作業が始まります
    ※全機能をインストールしても20MB程度なので、こちらを選択しましょう
    .
  7. defender6途中、「アップデートが必要なファイルが使用中です」画面が出たら表示されているアプリケーションを閉じて、「Retry」をクリックします




    .
  8. defender7「Windows Defender Installation Complete」画面が出たら完了です
    「Check for updated definitions and a quick scan now」のチェックを入れて「Finish」をクリック
    自動的にスパイウエアのスキャンが始まります(数分間)

インストール作業はこれだけです。
あとは、気になったときに「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Defender」でスキャンしてみてください。知らないうちにダウンロードされたファイルが見つかるかもしれません。

なお、このDefenderは「×」で終了しても裏で常駐しています。デフォルトのタイマースキャンが夜中の2時に設定されていますので、この時間にパソコンの電源が入っていない場合は他の時間帯に設定されることをお勧めします。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »