« 悪意のあるソフトウェアの削除ツール | トップページ | 火災警報器(報知器)に関する緊急情報 »

2006-01-06

砂漠でブロードバンド:インマルサット衛生通信

inmarsat_man_desert地震・台風・洪水・大雪と災害ニュースが頻繁に流れています。阪神淡路大震災では、被災地域内の病院が機能しない状態でも患者が殺到したり、近くの受け入れ可能な病院がガラガラだったりという問題がありました。

これは、通信回線が被害を受けた事による病院間の連携不能によるもの。有線電話ダメ、携帯電話ダメ、ホットラインはあるかもしれないけどこれも有線でダメ。

一般市民が通話を控えれば携帯電話も有効に機能したかもしれませんが、まずはムリ。平常時の救急車⇔病院間の連絡もケイタイが使われていますのでかなり困ります。

そこで、

KDDIは、インマルサット第4世代衛星を用いた最大492kbpsの高速データ通信サービス「インマルサットBGAN (Broadband Global Area Network) サービス」の提供を、2005年12月より開始しましたのでお知らせします。
「インマルサットBGANサービス」は、日本ではKDDIが唯一の通信事業者として、インマルサット社 (本社: ロンドン) との直接提携により販売します。

というニュースリリースが出ました。

これは、地球の軌道上に3つの第4世代衛星を打ち上げて、通信端末と直接交信する通信サービスを始めるいうもの。端末が動作すれば地上の施設は必要ありません。(コントロールセンターは必要)

今回の新しい通信衛星を利用すると最大492kbpsの通信スピードを得られるとのこと。これは、一応ブロードバンドとうたっていますが、大きい画像・動画などがないWebとか、テキストのみのメールでは十分使えるでしょう。

月額基本料金が5,000円からとお安いんですが、端末が高そうです。一世代前のインマルサット端末価格がUSサイトで$3,000~$15,000程度という表示でした。個人じゃムリですね。

病院を始め、地方自治体・消防・警察などはぜひ備えておいて欲しいですね。空きベッドがリアルタイムにわかれば。。。

|

« 悪意のあるソフトウェアの削除ツール | トップページ | 火災警報器(報知器)に関する緊急情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157487/8033744

この記事へのトラックバック一覧です: 砂漠でブロードバンド:インマルサット衛生通信:

« 悪意のあるソフトウェアの削除ツール | トップページ | 火災警報器(報知器)に関する緊急情報 »