« 車両炎上!中に人が・・・ | トップページ | 阪神・淡路大震災教訓情報資料集 »

2006-01-15

ベルボーイが常に身につけているものとは?

resaco昨日放送されたテレビ朝日の「SmaSTATION-5」。有頂天ホテルの番宣でしたが、ホテルつながりで帝国ホテルの特集をしていました。

とにかく100年以上の歴史があるホテル。最高のサービスを提供すべく、いろいろな「もてなしのこだわり」が紹介されていました。

両替用千円札をいつもポケットに入れているドアマン、2度寝しそうなお客様には2回目のモーニングコールを入れたり。はたまた、客室で捨てられたゴミも1日以上経ってから捨てる徹底ぶり。

そして、ホテル内でお客様を案内するベルボーイ。彼ら全員が、いつも身につけているものも紹介されていました。それは「ポケットマスク」。これは別名フェースシールドとも呼ばれている、人工呼吸の時に使う感染防止保護具です。

担当者いわく、
「帝国ホテルをご利用されると言うことは、私たちがお客様の生命と財産をお預かりすると言うこと。万が一に備えております。」

さらっと、すばらしいことを言われてしまいました。危機管理体制バッチリ。さすが、要人も利用するホテルです。

でも、人が倒れるのは高級ホテルだけではありません。いつ、あなたの周りでCPA(心肺停止状態)の人が発生するかわかりません。「救急車、来るまであなたが、救命士」です。小さいものですのでカバンに一個入れておいては?

|

« 車両炎上!中に人が・・・ | トップページ | 阪神・淡路大震災教訓情報資料集 »

コメント

この番組、私も出張先のホテルで見ました〜。

釧路、仙台、東京、大阪と行くトコ行くトコ地震の来そうなところばかり。いろいろ参考にします〜。

投稿: web_ohimachi | 2006-01-19 07:28

web_ohimachiさん、コメントありがとうございました。
一年中飛び回っている出張族のあなた!
ホテルに泊まるときには、ライトと避難用ビニール袋がおすすめです。
ドア裏に貼ってある非常口案内図も頭に入れておいてください。

投稿: じん@そなうれ。 | 2006-01-19 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157487/8173601

この記事へのトラックバック一覧です: ベルボーイが常に身につけているものとは?:

« 車両炎上!中に人が・・・ | トップページ | 阪神・淡路大震災教訓情報資料集 »