« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006-01-27

ドイツのつなぎ方

DeutschACフランクフルトで体験した「ドイツのつなぎ方」をおさらいします。

まずは電源確保。220Vの50Hzです。パソコン用のACアダプターだったら通常ワールドワイド仕様なので大丈夫ですね。ただし、コネクターが日本とは違います。丸形に穴二つ、豚の鼻状態です。写真のようなマルチアダプターがあると便利です。

DeutschTelephone そして、TELコネクター。今回は無線LANでOKでしたが、無線も有線も無かったらモデムでのダイヤルアップになります。一般的なRJ-11とは全然違う形、変換アダプタが必要です。

アクセスポイントなどのチェックは国内で済ませておきましょう。niftyだと専用ソフトもあるのでダウンロードをお忘れ無く。

どうにもつながらない場合は、ネットカフェもあるようです。フランクフルトには日本語入力OKというお店もあるそうなので、イザの時には使えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-23

海外モバイル装備

connectcard今週はドイツ・フランクフルトに出張の予定。ネット依存度チェックで「75%=PC中毒」と診断された私。もちろん、あちらでもブログ更新をたくらんでいます。

国内出張の時に使っているVodafone Connect Card(写真)。3Gネットワークを使い最大384kbpsでアクセスできるというカード型端末です。

昨年から、これが海外でも使えるようになりました。今回の出張先であるフランクフルトもサービスエリアの一つ。やっぱりヨーロッパはボーダフォンが強いですね。

繋がるのは良いのですが、料金がねぇ~。国内で使うパケット代の約9倍!75KBで148円取られます。しかも、無料通信分が使えない。他の通信手段がダメなときの非常用ですな。

ホテルに問い合わせたら、部屋で無線LANが使えるとのこと。なんだ、安心じゃん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-01-20

6階建てビルが倒壊する映像

e-dif独立行政法人 防災科学技術研究所(理事長:片山恒雄)は、平成18年1月13日(金)、兵庫県三木市にある実大三次元震動破壊施設(E-ディフェンス)を用い、実大6階建て鉄筋コンクリート建物の震動実験を行います。本件は、文部科学省の「大都市大震災軽減化特別プロジェクト」の一環として防災科学技術研究所が取り組んでいる「鉄筋コンクリート建物実験」の1つです。

先日のテレビニュースで放送されていた、鉄筋コンクリートの振動実験の様子です。これはスゴイ映像だ!と、探していました。

今回の実験は、建築基準法が大きく改正された1981年前の1970年代当時の設計で作った鉄筋コンクリート造の6階建て共同住宅を揺らすもの。兵庫県南部地震の波動を3次元で再現しての実験となりました。

まぁ、とにかく映像を見てください。
耐震基準が強化される前の設計ですから柱が細いこと。揺れる前から不安定に見えます。そして、揺れだしたら建物全体が大きくきしみます。建物内部のカメラ映像では、強い揺れで鉄筋がむき出しになり、隙間が出来てしまった柱が映し出されていました。

このような古い基準で建てられたビルがあちこちに残っています。スグに建て直すべきかと思いますが、せめて潰れて圧死しないような補強策を義務づけるようには出来ない物でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-19

正しい日本語を使う

な~さんのブログで紹介されていた「ATOK全国一斉!日本語テスト」をやってみました。敬語の表現はバッチリとれました。でも、みんなが引っかかる問題は同じようにダメ。

日本語の表現はむずかしいので、ATOKを使って勉強しましょうね。ということらしいです。

ATOKは長年使っていますが、最近のバージョンでは変換中に「それ違うよ」という警告が表示されます。ということは、間違っている読みで変換しようとしてるのね。(汗)
勉強します。

atoktest

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-01-18

「キスはやさしく」するために

lip冬の唇、ガサガサになっていませんか?
唇は普通の肌と違うので乾燥しやすいというお話しです。

人間の表情を作るのに欠かせない筋肉の一部でもある唇。
実は皮膚ではないのです!
正確に表現すると、普通の肌のような角質層がほとんど無く、毛穴もなければ汗腺や皮脂腺もありません。つまり表面が保護されていない状態。だから、毛細血管が透き通ってピンクに見えるんです。

水分補給構造がありませんので、放っておいたら乾燥し放題。この時期になると乾燥して皮が浮いたりしますよね。ムリをしてはがすと血が出ることも。(痛)

対策はもちろん水分補給です。でも自分の唾液を付ける、つまり舐めることはダメだそうです。粘液が取れてよけいに乾燥してしまいます。こまめにリップクリームを付けるのがベスト。部屋の加湿もベターです。ノドにも良いし。

女性たちはお手入れ上手ですが、男性もイザという時のためにチェックしておきましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-17

阪神・淡路大震災教訓情報資料集

hanshinあれから11年。
新聞も一面には記事が無く、時が記憶を遠くに押しやります。

あの揺れを体験した方や、ご家族を亡くした方は決して忘れることが出来ない大災害。でも、首都圏に住んでいる人間では本当の恐ろしさを実感しているのでしょうか?

「阪神・淡路大震災教訓情報資料集」というWebサイトがあります。情報量は膨大です。キーワードを入れると検索できるようになっています。例えば、

  • 「家具」
    死因のほとんどは、家屋の倒壊や家具などの転倒による圧迫死だった。
  • 「救助」
    木造家屋から1人を救出するためには、平均で84人・分、RC建物の場合には188人・分の人数・時間を要したという試算もある。
  • 「火災」
    出火原因を時間別に見ると、地震直後では電気を発火源・ガスを着火物とするものが多く、地震の数時間後およびその翌日以降では電気関連によるもの(いわゆる「電気火災」)が多かったとされている。
  • 「救急」
    挫滅症候群(クラッシュシンドローム)が発生したが、救急医療関係者以外にはあまり知られておらず、適切な対処がとられなかった例もあった。

などなど、現場で体験した貴重な教訓が満載です。このWebページがいつまであるかわかりませんが、少なくとも年に一回は見に行こうと思います。

6,000名以上のお亡くなりになった方々が声を出すことができれば、そう願っているはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-15

ベルボーイが常に身につけているものとは?

resaco昨日放送されたテレビ朝日の「SmaSTATION-5」。有頂天ホテルの番宣でしたが、ホテルつながりで帝国ホテルの特集をしていました。

とにかく100年以上の歴史があるホテル。最高のサービスを提供すべく、いろいろな「もてなしのこだわり」が紹介されていました。

両替用千円札をいつもポケットに入れているドアマン、2度寝しそうなお客様には2回目のモーニングコールを入れたり。はたまた、客室で捨てられたゴミも1日以上経ってから捨てる徹底ぶり。

そして、ホテル内でお客様を案内するベルボーイ。彼ら全員が、いつも身につけているものも紹介されていました。それは「ポケットマスク」。これは別名フェースシールドとも呼ばれている、人工呼吸の時に使う感染防止保護具です。

担当者いわく、
「帝国ホテルをご利用されると言うことは、私たちがお客様の生命と財産をお預かりすると言うこと。万が一に備えております。」

さらっと、すばらしいことを言われてしまいました。危機管理体制バッチリ。さすが、要人も利用するホテルです。

でも、人が倒れるのは高級ホテルだけではありません。いつ、あなたの周りでCPA(心肺停止状態)の人が発生するかわかりません。「救急車、来るまであなたが、救命士」です。小さいものですのでカバンに一個入れておいては?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-14

車両炎上!中に人が・・・

fm2000そんな状況を体験したことはありませんが、交通事故の時には車両火災のリスクが付きものです。先日も、環八でピンクの粉末をかぶった消火済みの車両を目撃したばかりです。

総務省消防庁の資料によると、平成16年の全火災のうち約12%が車両火災だったようです。この数字は少ないようですが、運転時にすれ違う車の数を考えると車両火災に遭遇する確率は、これより多いかもしれません。

乗用車で60L、トラックだと400Lものガソリン・軽油など危険物を積んでいます。特にガソリンの引火点はマイナス50℃ですから温めなくても火花などで簡単に炎上します。

燃えさかる車。人的被害がなければ保険ですむ話ですが、クラッシュした車内で脱出できない状態で火が出たら。。。恐いですよね。炎上事故の写真を見ると金属のフレームしか残っていないことが多いです。

私の車は、写真のように消火器を積んでいます。初めて乗る人は「えっ!、消火器ですか。始めて見ました」と言います。まだまだ危機意識を持つ人が少ないようです。

イギリスでは全ての車に消火器を設置することが義務づけられているそうです。シートベルトが義務化されたように、日本でも法改正を望みたいですね。この記事を読んだ方は、義務化前に消火器を買いに行くと思いますが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-12

固定すると浮く話

dueofdeathあれから11年が経とうとしています。
阪神・淡路大震災で亡くなった方の死因の約80%は家屋や家具などの下敷きによる圧死・窒息死です。(阪神・淡路大震災における死因)揺れ始めの一瞬、または長くても3分の間に命を絶っていると言うことです。

ですから、何よりまず家具の固定。
「というのは解っているんだけど・・・」、とつぶやきましたね。

  • 家具に傷を付けるのがイヤ
  • 見栄えが悪くなるのもイヤ
  • 借家なので壁に釘を打てない

東京消防庁の調査によると、これらが固定器具を付けたくない理由だとか。でも、命がなければ綺麗な家具もみられませんよ。タンスの周りに合板を貼り付け傷を付けないで固定する方法もありますので工夫してみましょう。(リンク先参照)

◆まずはどこを?
人間、寝ているときが一番無防備。寝室にある家具の配置を見てください。たとえ転倒したとしても体の上に乗らない状態で、なおかつドアを塞がない逃げ道が出来る配置がグッドです。レイアウト変更も考えましょう。寝室には全く家具を置かないという手もあります→固定の必要なし。

◆器具をそろえる
「家具用転倒防止器具」として売られている商品を買い物カゴに入れていくと、けっこうな金額になります。単価が2,000円だとすると×5では1万円にもなってしまいます。焼鳥屋とスナック、いや飲まなければ家族で外食ができますね。

fixed◆安く上げる
そこで汎用品の金具を使いましょう。街の金物屋さんにも売っている普通の金具。L型で小さいものだったら200円ぐらいです。ネジを別に買ってもだいぶ安くあがります。当初の目的である家具転倒防止でケガをしないことにより医療費も浮きますよ。

◆取り付け方の注意点!
壁とか家具には板だけの部分と間柱や枠組みなどの裏に芯がある部分があります。板だけの部分にネジを固定しても意味がありません。スタッドチェッカー(壁芯センサー)などを使って芯がある部分に確実に固定してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-11

震源分布:だいぶ潜り込んでます

3dgz「地震の巣はプレートの境目である」という話はご存じの通り。フィリピン海プレートがユーラシアプレートの下に潜り込む場所で発生が予想されてるのが東海地震。プレート境界型と言われるタイプです。

でも、誰かが掘って見てきた訳じゃないのに何でそんな構造になっているのがわかるの?なんてことは思わず「へぇーそうなっているんだー」で納得してましたよね。

まぁ、地震波の解析とかすれば、そういう形が見えてくるんでしょうけど、私自身イラストでしか見たことありませんでした。実際はどれぐらいの角度で、どれぐらい潜り込んでいるのでしょうか?

その様子が手に取るように解る3D画像があります。
VRMLによる3次元震源分布表示
Hi-netの観測により捉えられた地震の震源分布をVRMLにより3D化して表示することが出来ます。3D画像なので、グリグリ動かしてナールホド。こうなっていたんですね。

これを見ていると、浅い震源を示す赤色の点がビッシリ。何時あなたの町が震源地になるかわかりませんよ。「忘れた頃」にならないように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-01-10

夜のドライブには「ニンジン」を

superfire501 今年のドカ雪は毎日のように記録を更新するほどです。東京を始め関東平野では何処吹く風のように良いお天気なので、子供たちは雪降らないかなぁ~なんてのんきなことを言っています。

家庭の防災用品」ブログの山形では、除雪車や故障車が道路をふさぐことも多いとか。そして、夜の真っ暗闇に止まった真っ暗な車を見つけた話もレポートされていました。惰性で運転していたら追突するところですね。

もし、街灯がない夜の道路で車が故障したら?そして、電気系統がNGでハザードも点かない。車に発煙筒は常備されているはずですから、これを使えば良いんですが、基本的に止まっている車より手前に置くもの。置きに行くまでに怖いことになるかもしれません。

そこで、いわゆる「ニンジン」と呼ばれる誘導灯を車に常備しましょう。ホームセンターなんかに売っていると思いますが、一般的なものはちょっと大きいんです。長さが80cmぐらいになります。車の中でも置き場所が困りますね。

私が最近使っているのは、SuperFire501というLEDライトに、別メーカーのトラフィックコーンという誘導灯オプションを付けたものです。ライトの全長が180mmで、トラフィックコーンもそれ以下の長さ。合わせても30cmほどです。これならグローブボックスに入るので、イザの時にはスグに取り出せます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-01-07

火災警報器(報知器)に関する緊急情報

firex-co

「火の用心:火災報知器付けてますか?」で書いた記事では、住宅火災による死亡原因の大半が逃げ遅れということ。火災のニュースも多いです。

すでに義務化されている米国では、94%までに高まった火災警報器の普及率により、住宅火災による死者数が約6,000人から3,000人を下回るまでに半減する効果が出ています。

そんな市場で高いシェアを上げている火災警報器「FIREX(ファイヤーエックス)」を購入してみました。世界に約1億2900万個も出荷されているそうです。

煙感知式の「モデル4066CL」と一酸化炭素感知式の「モデル6066CL」を手に入れ、それぞれダイニングと2階の廊下に設置しました。取り付けはむずかしいことはなく、取り付け台座をネジ締めして電池をセットした本体を取り付けるだけ。至って簡単です。

firex-co-set2 一つ疑問に思ったのが一酸化炭素感知式の設置場所。説明書によると、床から15cmのところに設置せよと。一酸化炭素って空気より重いんだっけ?軽いんだっけ?と思いながら写真のように取り付け完了!(×印)

でも、なんか引っかかるんでメーカーのWebを確認したら、

6066の取扱説明書内、設置場所の説明で間違いがありましたのでお詫びを申し上げますとともに訂正いたします。
誤)アラームの上部を床面から15センチ以内の高さに設置してください
正)アラームの上部を床面から180センチ以内の高さに設置してください

もしもしぃ~、15cmと180cmじゃ足元と頭上の違いじゃん!
命に関わる商品の取扱説明書が間違っていて、Webで訂正しただけで良いのかな?良いはずがないです。リコールとかの対策をとらないと後々問題になるのではないでしょうか。

私はWebを見たから取り付け直す(○印)ので良いですが。いや、壁に余計な穴を開けてしまってカミさんに怒られます。(泣)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006-01-06

砂漠でブロードバンド:インマルサット衛生通信

inmarsat_man_desert地震・台風・洪水・大雪と災害ニュースが頻繁に流れています。阪神淡路大震災では、被災地域内の病院が機能しない状態でも患者が殺到したり、近くの受け入れ可能な病院がガラガラだったりという問題がありました。

これは、通信回線が被害を受けた事による病院間の連携不能によるもの。有線電話ダメ、携帯電話ダメ、ホットラインはあるかもしれないけどこれも有線でダメ。

一般市民が通話を控えれば携帯電話も有効に機能したかもしれませんが、まずはムリ。平常時の救急車⇔病院間の連絡もケイタイが使われていますのでかなり困ります。

そこで、

KDDIは、インマルサット第4世代衛星を用いた最大492kbpsの高速データ通信サービス「インマルサットBGAN (Broadband Global Area Network) サービス」の提供を、2005年12月より開始しましたのでお知らせします。
「インマルサットBGANサービス」は、日本ではKDDIが唯一の通信事業者として、インマルサット社 (本社: ロンドン) との直接提携により販売します。

というニュースリリースが出ました。

これは、地球の軌道上に3つの第4世代衛星を打ち上げて、通信端末と直接交信する通信サービスを始めるいうもの。端末が動作すれば地上の施設は必要ありません。(コントロールセンターは必要)

今回の新しい通信衛星を利用すると最大492kbpsの通信スピードを得られるとのこと。これは、一応ブロードバンドとうたっていますが、大きい画像・動画などがないWebとか、テキストのみのメールでは十分使えるでしょう。

月額基本料金が5,000円からとお安いんですが、端末が高そうです。一世代前のインマルサット端末価格がUSサイトで$3,000~$15,000程度という表示でした。個人じゃムリですね。

病院を始め、地方自治体・消防・警察などはぜひ備えておいて欲しいですね。空きベッドがリアルタイムにわかれば。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-05

悪意のあるソフトウェアの削除ツール

malwareremoveマルウエア(malware)ってなに? と思ったことありますよね。これは、mal-「悪い」という接頭語とsoftwareの造語です。つまり、コンピュータウイルス、ワーム、スパイウエアなど悪意のあるソフトウエアの総称です。

普通はパソコンにインストールされているウイルス対策ソフト。更新を忘れてた=お金を払わないと定義ファイル更新がストップし、最新のマルウエアを検出できなくなります。

私の場合、18年間ウイルス対策ソフトをほとんど使ったことはありません。そして、ウイルス感染経験も無し。自慢できることではありませんね。ダメですよこういうのは。

たまに利用しているますが、ウイルス対策ソフト発売元各社のWebサイトでオンラインスキャンサービスがあります。サイトにアクセスしてActiveXソフトなどでハードディスク内をスキャンします。通常、検出のみで駆除は出来ないようです。

一方、マイクロソフトのWebサイトに「悪意のあるソフトウエアの削除ツール」という、そのまんまの名称のページがあります。ここでも数は限られますが最新のマルウエアを検出できます。また、検出されたソフトがあれば削除までしてくれます。

で、これが速いんです。ワクチンベンダーのサイトでは1時間ぐらいかかりますが、対象が限定されているせいか数秒で終わります。サイトを開いて、「PCが感染していないかチェックする」ボタンを押すだけの手軽さもグッドです。

現在、検出できるウイルスなどのマルウエアは、

Antinny,Bagle,Bagz,Berbew,Blaster,Bobax,Bropia,Bugbear,Codbot,
DoomJuice,Dumaru,Esbot,F4IRootkit,Gael,Gaobot,Gibe,Goweh,
Hacker,Defender,Hacty,IRCBot,Ispro,Kelvir,Korgo,Lovgate,Mabutu,
Mimail,Mydoom,Mytob,Mywife,Nachi,Netsky,Opaserv,Optix,Optixpro,
Purstiu,Randex,Rbot,Ryknos,Sasser,Sdbot,Sober,Sobig,Spybot,
Spyboter,Swen,Wootbot,Wukill,Yaha,Zafi,Zindos,Zotob

以上の51個になっています。

なお、以前話題になったSONY BMGの音楽CDのコピー防止機能に含まれる「F4IRootkit」にも対応しているとのこと。輸入CDをパソコンのドライブに入れたことがある人は要チェックってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-04

正月明け胃腸対策

26さぁて仕事始めですが、お正月で酷使した胃腸は大丈夫でしょうか?私も泊まったホテルのビュッフェディナーで食べ過ぎました。普段以上の量を食べると胃腸が驚きますね。

この時期になると季節ネタとして取り上げられる「七草粥」。江戸時代から正月明けに食べられているとか。胃腸薬もろくになかった時代の生活の知恵を探ってみましょう。

まず、だれもが想像するその消化の良さ。消化時間はご飯の2/3だそうです。腸での吸収も良く、含まれている栄養が全身に行き渡ります。

それに、カロリーも低いんです。ご飯の約半分です。同じ満腹感でカロリー半分、しかもトッピングなどのおかずもサッパリしていますので、飛び出した下っ腹にもやさしいですね。

そんな効能があるお粥ですが、ちょっと工夫した「発酵粥」というレシピがあります。

お米を発酵させることで乳酸菌が増えているので胃腸の調子を良くしてくれますし、肝臓をも元気にすることで梅雨時の嫌な疲れも癒してくれる働きがある。

というもの。お粥とヨーグルトを混ぜたようなレシピで心配ですが、簡単に作れるようです。

  1. お米を軽く洗い、すり鉢に入れて砕く。
  2. (1)に皮ごとすりおろしたサツマイモを加え、一晩発酵させる。
  3. (2)に水10カップを入れて炊く。
  4. 煮え始めたら茹でた豚肉を入れ、塩を入れて完成。

私も作ったことがないので、味とか発酵とかの責任は持てません。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006-01-02

空から届く緊急地震速報

conf7_01 モバイル放送株式会社は、放送サービスで使用しているSバンド波の特性や放送システムの特長を活用した防災放送の実現化を目指し、 平成18年1月に『Sバンド防災放送実験協議会』を設立いたします。
 本協議会は、有識者・行政・防災機関・民間企業などからのご意見を基に協議を行い、 各種の実験と検証を通じてSバンドの特性を活かした次世代の防災放送を実現化し、社会に貢献していくことを目的としています。

という年末に出されたニュースリリースを見つけました。これは、通信衛星から2.6GHz帯で放送されている「モバHO!」(モバイル放送サービス)を使って防災情報を配信しようという試みのニュースです。

放送電波にはいろんな種類がありますが、衛星から電波を発し移動体端末で受信できるのは「モバHO!」だけ。ラジオやテレビの電波が届かない山間部でも小さいですが映像で情報が得られます。

というウリのモバHO!ですが、防災情報の配信にも使える感じがします。今回検討されているのは、気象庁が予定している「緊急地震速報」の配信です。震源近くのセンサーで捕らえたP波を計算し、大きい揺れのS波到達時刻を予測するというものです。

電話回線や地上の中継所を経由する無線では、地震情報を送る前に中継施設の被害が発生する可能性があります。衛星通信では、他の通信方式に比べれば被害に遭いにくいですね。

「ピーピー、15秒後に震度6弱の揺れが来ます」

というような警報を出す実験が今年中に2回行われる予定となっているようです。本番が来ないうちに実用化して欲しいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

2006-01-01

謹賀新年:今年も備えましょう

2006newyear

今年も「そなうれ。」を見て備えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »